HaLAオープンフォーラム

第13回オープンフォーラムウェブレポート

ハッピーライフアライアンス13開催レポート

講演録はこちら

当日の講演動画はこちらよりご覧いただけます(会員限定)

開会の挨拶

小松信幸   今回の第13回HaLAフォーラムは、弊社の創立10周年感謝交流会との合同開催でしたので、通常以上に全国からたくさんの方にいらしていただきました。「おめでとう」「感動した」「来て良かった」等嬉しいお言葉をいくつもいただきました。本当にありがとうございました。HaLAフォーラムはリーマンショック直後の2008年11月に、これからまずますビジネスが難しく時代に中小企業が力強く生き残るために、お客様視点でそれぞれの会社が専門性を高めて差別化すること、そのうえで志と倫理観が共通する企業同士が連携してお客様のニーズを受け止め、喜んでいただけるようになること。そして結果として、働く仲間の物心両面の満足が満たされることを目的に下記の共通理念を提唱しました。

HaLA理念

今回は通常よりも1.5倍ほど増やした130席をご用意していましたが、最後には満席になり、感動度もHaLAフォーラム史上最高となりました。


「日本中にありがとうを届ける日本一無口な絵かき 表現者たけ氏」

photo

講演者のお一人目は、HaLA史上初の再演になりますが、表現者たけさんにお話頂きました。たけさんが脳梗塞に倒れたのが2001年10月12日ということで、現在の活動のきっかけをこの日とすれば、私どもと同じ10周年の日です。

当たり前のように思われているかもしれませんが「ありがとう」と感謝することがブーメランのように自分に還ってくるという真実を、ご自身の体験や実験などを通じて誰よりも説得力をもって教えていただきました。

photo

HaLA後に開催した弊社の創立10周年感謝交流会でも絵葉書やカレンダーを販売して頂き、講演に感動された方々が社員さんへのお土産等に数多く購入されていらっしゃいました。


たけ氏紹介

たけ氏のブログはこちら


▼ 日本一無口な絵描きとして紹介された時の映像はこちら

講演録はこちら



知的障害者に導かれた企業経営からみんなが働ける共生社会への提言

 お2人目は日本理化学工業の大山泰弘会長にご登壇頂きました。阪本先生の著書「日本で一番大切にしたい会社」でも冒頭に紹介された従業員の7割が重度の障がい者というチョーク製造の会社であり、鳩山首相の所信表明演説にも登場したことで、この数年で更に注目されるようになった会社です。

photo

  講演内容は深すぎてここで書ききれるものではありませんが、それでは紹介にならないので大山会長の著作からの引用でまとめさせていただきます。(HaLAの会員様は、会員様限定サイトにて動画をご覧頂けますので是非ご覧下さい)

「導師は人間の究極の幸せは、人に愛されること、人にほめられること、人の役にたつこと、人から必要とされること、の4つと言われました。働くことによって愛以外の3つの幸せは得られるのだ。私はその愛までも得られると思う。」(著書「働く幸せ」より)

またご参加の皆様と共有したかったのは、以前このブログでも紹介しましたが、「ベルギーでは障がい者を雇用した企業に最低賃金分(約150万円)を払う。実は障がい者を施設で面倒みると1年に500万円ぐらいかかるので、国も障がい者本人も、保護者の方も、雇用した企業も、みんな得をする。これを何とか日本でも実現させていきたい。」ということです。ぜひ実現のバックアップをお願いしたいと思います。

photo

また、日本理化学工業様とジョイントで被災地支援活動を行なっているはせがわファミリーにも後半でご登場いただき、東北の幼稚園などで行なっている紙芝居プロジェクトを、実際にストリートオルガンも持ち込んでもらって演奏もして頂きました。

HaLA後の10周年感謝交流会では30冊の著書に1冊1冊丁寧にサインをして頂きました。サイン会が始まり早々に30冊全てが完売となりました。

photo

▼ 日本理化学工業社が紹介されている書籍「日本でいちばん大切にしたい会社」映像

youtube

HaLAメモ

大山氏紹介

講演録はこちら

次回の第14回HaLAフォーラムは2012年2月を予定しております。

お問合せ

rss ハッピーライフアライアンス