うちのハッピーライフアライアンス

今回のHaLA会員様は、岡山県岡山市の株式会社ベストホーム代表取締役、藤本誠二様です。2010年7月10日に、第二創業出航式を行われたベストホームさま。出航式から1年が経過した今と未来、そして共に切磋琢磨する、同志の存在について伺いました。

これまでのインタビュー一覧はこちら

Vol. 009  2011.7.1 UP!

藤本様

会社名

株式会社ベストホーム(岡山県)

HP

【ガーデン・エクステリア】http://www.besthome-oka.co.jp/
【リフォーム】http://www.besthome-reform.jp/

お名前

代表取締役 藤本 誠二 様

ブログ

『創作ガーデン日々奮闘記』

 

お客様満足に絶対欠かせないのが、現場の方々の「心」。

――藤本社長は第3期プレジデントスクール(2009年9月~11月)を受講され、ベストホームさまは2010年の7月に第二創業出航式を行われました。出航式を行ってもうすぐ1年となりますが、何か変化はありましたか?

 プレジデントスクールに参加して、改めて「お客様に感動していただくこと」という自分の夢を捉えなおすことができました。出航式は、そこからの流れというのもあったのですけど、これから「岡山で一番笑顔が集まるチーム・ベストホーム」を目指していくぞ、という旗揚げとして行いました。出航式の目的は、現場の人たちを巻き込んで一致団結すること。お客様に一番直接に接するのは、スタッフや職人さん、つまり現場の人たちで、その方々の「心」がなければ、お客様に感動は与えられないと思ったからです。

仙台駅の様子  八戸港の様子  

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今回のメインゲストはいつもベストホームの工事をして頂いている、
現場の職方さんたちです。

笑顔の集まる会社にするためにはお客様満足は絶対条件です。
そしてそのお客様満足に絶対欠かせないのが
実際に現場で作業して頂く職方さん達の「心」なのです。

藤本社長ブログ『創作ガーデン奮闘記』
2010年7月11日「出航式ありがとうございました。」より

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

――右上の写真は、出航式で親子三代の左官職人さんがご挨拶された場面です。本当に素敵な笑顔で、ベストホーム丸の船員として輝かれいる姿が想像できますね。

 

「われわれが接すること」でお客様に感動を

 出航式を行った後、おもてなしや営業、現場の面でも、いくつか変えた点があります。ゴールドスタンダードをみんなで唱和する朝礼や、3ヶ月に一度、全てのスタッフと職方さんが集まる「CS職方会議」など。

 その中のひとつがアンケートなんですが、完工後のお客様にはA4で5枚つづりの結構大変なアンケートを書いていただいているんです。それで見ても、お客様の評価はすごく高まっていると感じます。今までとは断然違う声があるし、熱い想いが届けられています!
 お客様にとっては、スタッフの名前はわかっても、実際に施工している職方さんの名前がわからないということが多いと思うのですが、アンケートと一緒に職方さんの写真と名前の紹介をお渡しするようにしているんですよ。そうしたら、職方さんも名指しでお褒めの言葉をいただけるようになって。本人の何よりの励みになりますよね!

 アンケートより一部抜粋

塗装の遠部さん、作業の前日色合わせにわざわざ来られて色を決めていたのに、実際塗り始めてから 「その色はちょっと…」と中断、迷惑かけました。その時「お客さんに満足してもらうのが一番ですから」と、有難かったです(中略)松田設備さん、内装の片岡さん、素人の質問にもていねいに答えていただきました。佐藤建具さん、トイレのドアの取り付けだけでなくわくまで作る事になり、段取りがくるい迷惑かけました。道具・材料の運搬等連携プレーの見事さには感心しました。(中略) 一連の作業のうち、どの職人さんもベストホームさんとの関係を大切にされていると感じました。お互いの信頼関係がうかがえてとても気持ちの良いものでした。 尾崎さん・岡本さんからお聞きしてた「ベストホームの笑顔」、本物ですね。職人さん等、関係者にも浸透しているのでは?益々のご発展をお祈りしています。今後ともよろしく!! (倉敷市S様

 

 お客様から寄せられる声は本当にありがたいです。今後も、今以上にお客様に感動していただきたい・・・・・・それも、お引渡しする商品だけではなく、お問合せやショールームに来ていただいた時の「おもてなし」、担当者の「営業」、そして施工の「現場」。「われわれが接すること」そのもので、お客さんに感動を与えられるようになっていきたいと思っています。

――現場で働く人たちの「心」を大切にしたい、と言う藤本社長。職方さんが名指しでお客様の声をいただくことを、本当に嬉しそうにお話くださいました。 お客様の喜びと感謝の想いがたくさん詰まったアンケートは、ベストホーム様のホームページに掲載されています。 読んでいるこちらまで幸せな気分になるくらい、素敵な内容ばかりです。
  藤本社長を船長として、ベストホーム丸に乗り込んだスタッフさん・職方さんが「チーム・ベストホーム」として一丸となっているのがひしひしと伝わりますので、ぜひご覧ください。


切磋琢磨しながら共に進んでいく、同志の存在

――去る6月21日、今井直人社長率いる新潟県の株式会社ユウワさまとともに、臥龍こと、角田識之先生の「地域で一番笑顔を集める会社合同講習会」を受けられたベストホームの皆様。ベストホームさまの出航式には今井社長のお姿もありましたね。ユウワさまとはどのようなご縁なんですか?

  
ベストホーム様(左)とユウワ様(右)が交わした約束手形

 もちろん、シップさんのご縁ですね。期は違うのですが、お互いにプレジデントスクールを受講していて、私はユウワさんの「新潟で一番笑顔が集まる会社」というビジョンにすごく共感しまして。じゃあうちは「岡山で一番笑顔が集まる会社」にしたい!となって、お互いに同じビジョンを掲げる企業として、連絡を取り合ったり、今回のような勉強会をしたりしています。

――今回の研修はいかがでしたか? 写真では、「約束手形」を交わされているようですが・・・

 社長同士は顔を合わせる機会もあるけど、スタッフ同士はあまりないね、って話になって。
 「お客様に感動を」という理念を掲げてやっていると、今まで以上にやらなきゃいけないことがでてきて、スタッフさんの困惑を生んでしまうこともあるんです。そこで、お互いのスタッフ同士も顔を合わせて、どんな取り組みをしているのかを公開しあおうということになったんですよ。

 やってみて、すごくよかったですね! お互いに刺激を受けて、「同じような悩みがあったんだな」とか、「こんなやり方もあるのか!」とか、色々な発見があったので、実は1年後も集まる事にしたんです。そして「1年後、自分達はこうなっている」という目標を、約束手形にして交わした、というわけです。

――そうだったんですね! ユウワさまとは、地域は違えどなんだかライバルのような、兄弟のようなご関係ですね。

 そうですね。離れているからこそ、話し合いも本音でできます。
 今はお互いに切磋琢磨しながら共に進んでいっている感じ。志を同じくする企業との交流は非常に良い機会ですし、ありがたいですね。

 私たちは、これからも「岡山で一番笑顔が集まる会社」を目指します。
  ユウワさんには負けられないです!

 

 

――同志と出逢い、共に成長していけるのも、HaLAの醍醐味。藤本社長も、また以前今井社長も仰っていたように、理念経営には現実の壁もあるからこそ、お互いがかけがえのない存在になっているようです。
  遠く離れた岡山と新潟から日本に感動を発信されている2社を、HaLAはこれからも応援しています。
  藤本社長、貴重なお話をありがとうございました!

 

download このインタビュー記事のPDF版(671 KB)がこちらからダウンロードできます。

■PDF形式のファイルをご覧いただくには、Adobe Acrobat Reader4.0以上をインストールする必要があります。
 お持ちでない方は右下のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。(無料)
getadobe

 

お問合せ

rss ハッピーライフアライアンス